2018年10月19日 (金)

割り切り掲示板

まだ、ワリキリという言葉がなかった頃から、その割り切り掲示板は存在していた。
20年前に若者だった僕が、黎明期だったインターネットに手を出したのは、当然エロ目的だ。
そして、やたらと重い海外サイトにアクセスしては、無修正画像を漁っていたものだ。
その頃に、僕はこの割り切り掲示板にたどり着いた。
ワリキリなんて軽い言葉じゃない、要は売春サイトだ。
開設者が何を考えていたかは知らないが、そこに課金という概念はなかった。
そのため、有象無象の男女が集まっていた。そして、セフレがほしかった僕は、書き込みしている女性に対して頻繁にアタックしたものだ。
しかし、どこまで本気か、そして男か女かわからないような匿名掲示板で、空振り三振を続ける毎日だった。
まだまだ、出会える可能性があるのはテレクラやQ2ダイヤルだった時代の話だ。
ところが、そんなぞんざいな割り切り掲示板で、僕は一人の女性と実際に会えたことがある。
僕と同じ年の彼女は、売春目的だった。そして、僕は彼女と金額面で折り合いをつけて、ご対面と相成ったのだ。
わりきり
初めての経験にドキドキしていた僕を、赤いセドリックに乗った彼女が迎えてくれた。
特別に美人なわけではないが、ブサイクでもない。野球場でビールの売り子をしていそうなタイプの女の子だった。
そして、他愛もない話をしながら食事をして、僕たちはベッドインした。
しかし、情けないことに、緊張しすぎた僕は、ついに勃たなかったのだ。
彼女が口で手伝ってくれたが、それでも僕のモノは反応しない。そんな情けない僕を、彼女は優しく抱擁してくれた。
彼女とは、それっきりだった。いつかリベンジしたいと思っていた僕だが、彼女が再び割り切り掲示板に現れることはなかった。
あれから20年。僕は、初めて会う女の子でも普通に満足させられるくらいの経験は積んだ。
今は、PCじゃなくても、スマホで手軽に操作できる割り切り掲示板はいくつもある。
当時、重い回線で必死に唯一の割り切り掲示板にアクセスしていた頃を懐かしみながら、あの彼女は、今、何をしているのだろうと思った。
パトロンの意味
パトロンの意味

最近の記事

無料ブログはココログ